fbpx
半月板損傷

【検証】半月板損傷はグルコサミンを飲めば本当に改善されるのか?

半月板,損傷,グルコサミン

こんにちは。膝の痛み研究所大阪支部【リーフ整体院】のささはらけんたろうです。

スポーツ活動や転倒などの急な外傷により起こりやすい半月板損傷。

動作時の痛みや、急に関節の曲げ伸ばしができなくなる、膝が抜けそうになるなど様々な症状が引き起こされます。

そんな辛い半月板損傷を起こした方々からよくこのような質問をいただきます。

「先生、膝の痛みにはグルコサミンがいいと聞くのですが、半月板損傷でも飲むと効果があるんですか?」

膝の痛みにはサプリメントというイメージが強いので、飲んでみようかなと思った方も多いのではないでしょうか。

このブログ記事では、膝の痛みにグルコサミンは本当に効果があるのかについて、詳しくお伝えしていきます。

グルコサミンがなぜ膝に良いと言われているのか

半月板,損傷,グルコサミン

まず、グルコサミンって何のことかわかりますか?

グルコサミンとは軟骨の中に含まれる成分で、自然界では蟹や海老、イカなどの軟骨に含まれています。

サプリメントとして出ているものは、これらの自然界にあるものから作られています。

では、なぜこのグルコサミンを摂取するのが膝に良いと言われているのか。

先ほどもお伝えしましたが、グルコサミンは関節軟骨を形成する成分の一つで、加齢とともに減少してくると言われています。

その不足を補うためだったり、損傷した軟骨を補修して軟骨を強化するためだと書かれています。

また、膝関節内のクッションの役割をするヒアルロン酸内にも含まれているため、摂取して補う必要があると言われています。

半月板も関節内にある軟骨なので、今までの説明をみると、半月板損傷を起こしたらグルコサミンを飲んだ方が良さそうな気がしますよね。

実はそこにはこんな裏が隠されているのです。。

半月板の損傷をグルコサミンで本当に修復できる?

グルコサミンを販売しているサイトを見ると、損傷した軟骨の成分を補うことの必要性が書かれているので、良さそうな気がしますよね。

半月板損傷した際にも有効な気がしますが、実は医学的にみても、その効果はないとはっきり言われています。

グルコサミンが体内で有効成分として働くため、外から摂取した成分が体内に吸収されるのはほんとうに微量になります。

わずかな量のグルコサミンが損傷した軟骨に有効かと言われると、、そこまでの効果があるとは言えません。

また、口から摂取した成分は血液に乗って患部まで届きます。

しかし、関節内の軟骨や半月板には血管がそもそも通っていません。

これはどういうことかもうお気づきですよね。

口から摂取したグルコサミンの成分が、血管が通っていない軟骨や半月板に届くはずがないのです。

ただ、、グルコサミンを飲むと数人の方は

「膝の痛みが良くなりました!」

と言われることがあります。

これはなぜかと言うと、グルコサミンが軟骨の損傷を修復したわけではなく、プラシーボ効果というものが働いた可能性が高いのです。

プラシーボ効果とは、何の成分も入っていない偽薬を「〇〇に効く薬ですよ!」と飲ませたら、3割の人に効果があると言われています。

人間は効くと思う感情と痛みとは密接な関係があるため、ご自身が「〇〇に効果のある薬」と思って飲むだけで、体は自然と回復に向かう場合があるのです。

グルコサミンもテレブのCMやネットの情報をみると、「膝の痛みに効きそう!」と思いますよね。

特に良くなった人の声なんかをみると。

グルコサミンが医学的に効果がないと知っている私ですら、テレブの通販を見ていると「グルコサミン効きそうやなー」と思ってしまうくらいです。

この「効きそう」という気持ちがプラシーボ効果をもたらす可能性があります。

なので、医学的に効果があると立証されていないグルコサミンですが、「これを飲んだら良くなる」と自分に言い聞かせ飲むと案外いいのかもしれません。

知らぬが仏ですね 笑

半月板損傷による膝の痛みを改善する方法

では、本当に半月板損傷による膝の痛みを改善したいなら、まず痛みの原因を突き止める必要があります。

なぜなら、その時に応じて原因が違うことがあるので、その時々でやる対応を変える必要があるからです。

まず原因が半月板損傷による炎症の場合、やるべきことは炎症を抑えるためにアイシングすることです。

スポーツ活動や転倒などでの外傷後に膝が腫れて熱を持っている。

このような時は確実に外傷が原因で炎症を起こしいるので、氷水などでしっかりと膝周りを冷やしましょう。

炎症は落ち着いてきた。

でも膝の痛みは長い間改善されない。

この場合、半月板損傷がなかなか良くなっていないと考える人が多いのですが、それは違います。

一度腫れて熱を持つと、膝を守ろうとするのでかばって変な歩き方になったりしますよね。

その変な歩き方は炎症が落ち着いてきても残っていたりします。

次にそのかばった変な歩き方のせいで、膝周りの筋肉が過度に緊張する。

それが原因で膝の痛みがなかなか治らないケースが多いのです。

関節内の炎症はしっかりアイシングすれば熱感や腫れが引いてきます。

そしたら次は、膝周りの筋肉の緊張を取るために温めたり、仰向けで膝を曲げ伸ばししたりして普通に動かせるようにしていくのです。

その後にかばわないように普通に歩く練習をする。

これがスムーズにできれば、半月板損傷を起こしていても膝の痛みは改善されてきますよ。

グルコサミンを飲む前に、ぜひ実践してみてくださいね!

ABOUT ME
笹原健太郎
笹原健太郎
世の中には間違った膝治療のせいで、改善されず悩んでいる方がまだまだたくさんおられます。 しかし、諦めないでください! 膝痛は正しい治療を行えば、かならず改善されます。 膝の痛みで苦しむ日々から1日でも早く卒業しましょう。
膝痛改善 セルフケアプログラム
日本【膝の痛み】研究所

膝痛治療のスペシャリストがお伝えする、膝痛改善セルフプログラムを無料で視聴できます!

無料メルマガ登録無料LINE@登録