fbpx
【疾患から探す】

変形性膝関節症と歩行の関係

こんにちは。膝の痛み研究所千葉支部【北柏のぞみ整体院】のうじはらです。今回のテーマは変形性膝関節症と歩行の関係についてお話していきます。

変形性膝関節症,歩行

変形性膝関節症のでお困りの方。以下の症状に当てはまる方はいらっしゃいますか?

・膝を曲げ伸ばすと痛い

・朝起きると辛い

・膝を伸ばすときに痛みが出る

・正座が出来ない

・自転車に乗れなくなった

・歩き始めに痛む。

・知らないうちに痛みが消えるが翌日になるとまた痛みが出る

変形性膝関節症で手術をご検討の方、辛い痛みで毎日が億劫な方。変形性膝関節症の治療について間違った治療をされていませんか?是非最後までお読みください。

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症は関節内で関節軟骨が摩耗し、炎症を起こしている状態で痛みを伴います。年齢的な要因もありますが、若い人でも起こることは十分考えられます。男性よりも女性の方が割合が高く、膝に負担がかかる生活をしていた人に特に起こりやすいです。それ以外では外傷性の場合もありますが、ほとんどが前者のケースが多いです。

変形性膝関節症の症状

 初期は、軽い膝の違和感から始まります。特に最初は気にならない程度でしょう。たまに、ズキッとする程度で普段の生活は何ら問題なく行えるでしょう。その後、徐々に痛みが強くなり、間隔が狭くなってきます。

しかしながら、我慢して生活する人が多く治療を始めようと思った時には手術を勧められる方がほとんどです。チェックポイントとして、立ち上がる時や歩きはじめなどに、痛みが出現するようになったら治療を検討するべきです。特に変形性膝関節症は歩行開始時に痛みがありますが、歩いていくうちに痛みが消えるため大事に考える人が少ないです。ほったらかしにせず、治療するようにしましょう。

変形性膝関節症の方の歩行の特徴

 痛みがない場合でも、歩き方で今後発症するか予測することが出来ます。まず、多いパターンとして、O脚の方が非常に多いです。そして歩行の時に左右に体が揺れる人は特に注意です。末期になると左右への揺れが拡大してきます。

また、膝痛は無いけど、股関節や足首が痛くなる方も要注意です。膝がO脚やX脚になると股関節や足関節でカバーしようとします。その結果、股関節や膝関節に痛みが出てきます。上記に当てはまらない方でも靴の裏を見てください。かかとの部分や外側の部分だけすり減ってませんか?また左右ですり減り具合が違っていませんか?体の重心が少しずれるだけで膝の負担がかかる場所が変わってきます。日々のチェックが本当に大切です。

変形性膝関節症は日常生活の現れ?

 変形性膝関節症の場合、ほとんどが姿勢の変化によるものです。変形性膝関節症だからといって膝に原因があるわけではありません。

 病院に通院している方、リハビリを受けている方、注射や痛み止め、ホットパックやマッサージなどで痛みが完全に取れるケースはほとんどありません。また病状を年齢のせいにされ進行を止めることはできないといわれた方、諦めている方、仕方なく今の治療をしているという方、変形性膝関節症は姿勢を綺麗にし、日々の生活を見直せば改善する可能性があります。

変形性膝関節症の治療はどこに行けばいいの?

 病院で手術を勧められている方、手術をして本当に完治すると思いますか?もちろん手術後は痛みも取れるかと思います。しかし、右膝を手術する場合、ほとんどが将来的に左膝の手術も勧められます。体のバランスが手術をすることで崩れてしまうからです。左右O脚なのに右だけ手術をしたら左右のバランスが悪くなるのは当然です。その前に、左右の膝の状態を、姿勢を整えることで改善してみませんか?

ABOUT ME
氏原大貴
氏原大貴
初めまして。膝の痛み研究所のうじはらです。私の整体院では多くの膝の痛みを抱える患者様を診察しております。その方々の多くが「間違った膝痛治療」によってなかなか改善せずに悩んでいるのです。膝の痛みの治療といったら「注射」「水抜き」「筋トレ」はもう古いです。 正しい膝痛治療をこちらのページで発信して、世の中の膝痛治療を変えていきます。
膝痛改善 セルフケアプログラム
日本【膝の痛み】研究所

膝痛治療のスペシャリストがお伝えする、膝痛改善セルフプログラムを無料で視聴できます!

無料メルマガ登録無料LINE@登録