fbpx
【疾患から探す】

サプリメントをずーっと飲んでいても膝が治ることはありません

 

こんにちは。日本膝の痛み研究所福岡支部「未病リハビリセンターハレル」の今林です。

本日はグルコサミン・コンドロイチンのサプリについてお話します。

 

・サプリメントを飲み続けても膝の痛みが変わらない

 

・いろんなサプリメントを試したがどれも膝の痛みが取れない

 

・すぐにでも膝の痛みを取りたい

 

上記のような事で悩んでいませんか?このブログでは正しい原因や対処方法についてお伝えします。是非ご参考にしてください!

 

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症の原因は長い年月をかけて、膝の関節で軟骨がすり減ることです。

 

軟骨がすり減りやすくなる原因としては、肥満や激しい運動による膝への負荷、膝への負担を守る靭帯や半月板の損傷、股関節や足関節などがケガや病気で膝への負担が大きくなるなどが考えられています。

変形性膝関節症は関節の変形を伴うことが多いのも特徴です。(特にO脚)

 

膝の痛みが主な症状としてありますが、痛みのせいで日常生活の活動が制限され、運動量・活動量が低下します。それにより筋力やバランス能力が低下します。運動をしないため血流も悪くなり、また膝への負担を減らす筋力が低下することで、さらに痛みが強くなるといった悪循環に陥ります。

 

 

グルコサミンとコンドロイチンとは?

膝の痛みの代表格である変形性膝関節症は、膝関節の内部にある軟骨がすり減ることで骨が変形して起こります。軟骨の主成分はプロテオグリカンというものがあります。

プロテオグリカンの材料として代表的なものがコンドロイチンとグルコサミンになります。

 

グルコサミンとコンドロイチンについて説明します。

・グルコサミン

グルコサミンは、「糖」のひとつです。軟骨に含まれるプロテオグリカンのもとになる物質として知られています。

 ・コンドロイチン

前述のプロテオグリカンのもととなる成分のひとつになります。

グルコサミンもコンドロイチン硫酸も、軟骨を構成する物質である、という理由で注目されています。

 

グルコサミン・コンドロイチンが入っているサプリは有効か?

テレビのCMや雑誌の広告にあるグルコサミンやコンドロイチンが配合されているサプリメントがあります。

現在、健康志向の方が多く、膝関節の痛みを軽減させるために飲んでいる方や痛くならないように予防的な目的で飲んでいる方もいます。また、その需要に伴い、数多くのサプリメントがあります。

では、そのグルコサミンやコンドロイチンの配合されたサプリメントは効果があるのでしょうか?

 

2016年にカナダで発表された論文ではグルコサミンとコンドロイチンで治療した変形性膝関節症の膝関節の軟骨保護効果があったと報告がありました。

しかし、この研究は6年以上という長い期間、研究を行ってきたものであり、「治療の効果が出るには2~3年という治療期間が必要である」というものでした。

 

ほかにも軟骨が再生するか画像検査を行い、再生したという報告と軟骨は再生しないという報告が多くありますが、ほとんどは「効果があるとは言えない」という結果でした。

 

そもそも、口から入ったグルコサミンやコンドロイチンは体内で分解されるのですが、それが軟骨の成分に再合成されることはあるのか疑問が残ります。

 

しかし、グルコサミンやコンドロイチンの配合されたサプリメントを飲むことで痛みが良くなった、という方がいることも事実です。これは「サプリメントの効果」と言って良いかはわかりません。サプリメントを飲むことで気持ち的に良くなったことが理由かもしれません。

 

このような気持ち的な改善も期待するのであれば、サプリメントの使用は否定されるものではありません。ただし、以下の2点には注意が必要です。

 

①サプリメントの過剰摂取による体調不良

②サプリメントの摂取により、適切な医療を受けなくなる

 

サプリメントの過剰摂取によって体調不良は起こりえます。グルコサミンやコンドロイチンの場合では、「副作用はなく安全である」と示されていることもありますが、実際には「胃腸症状」が出る場合がありますので、過剰摂取には注意が必要です。

 

 

治療のポイント

テレビなどの広告を見てサプリメントを飲み始めた方、友人や家族から膝に効くからと勧められてサプリメントを飲み始めた方ときっかけは様々だと思います。しかし、サプリメントだけを飲んでも膝の痛みを取ることはできません。膝の痛みを取るためには3つのポイントがあります。

 

・背骨の調整

 

・体幹筋(お腹の筋肉)を使っている姿勢・動作を身につける

 

・習慣化できるまで脳みそで学習する

 

脳みそで正しい姿勢、動作を学習し、習慣化することで、自然と膝の痛みが出なくなります。また、学習・習慣化しているため、多少悪くなってきても、脳みそが元の状態に戻るように体中の筋肉などに伝達してくれるようになります。

 

 

サプリメントを飲んでも膝の痛みが取れないで悩んでいるあなたへ

サプリメントを飲み始めた、または、長年飲み続けているが膝の痛みが改善せず、毎日つらい思いをされていると思います。しっかりと問題を解決してあげれば膝の痛みが悪化することのなく日常生活を送れるようになります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?膝の痛みには様々な原因があります。ただ「サプリメントを飲む」「電気治療」「ストレッチ」だけでは完治は難しいでしょう。しっかりと原因を見つけ、その原因に対して施術をしていく必要があります。専門家に体の状態をしっかりとチェックしてもらう必要があるでしょう。

ABOUT ME
今林伸司
今林伸司
私が治療家になったきっかけが、自分の膝の手術でした。手術後のリハビリがうまくいかず、痛みは残り、再発を繰り返した経験からです。正しい治療をすれば早く元の生活に戻れるのに、やり方が違うだけでずっと苦しい思いをする。そんな思いをして欲しくない!多くの方が早くやりたいことができるようになってほしい。あなたの膝は必ずいい状態に変化します。この機会に不安を安心に変えましょう!
膝痛改善 セルフケアプログラム
日本【膝の痛み】研究所

膝痛治療のスペシャリストがお伝えする、膝痛改善セルフプログラムを無料で視聴できます!

無料メルマガ登録無料LINE@登録