fbpx
変形性膝関節症

変形性膝関節症に効果のあるキネシオテープの貼り方

変形性膝関節症,キネシオテープ

こんにちは。膝の痛み研究所大阪支部【リーフ整体院】のささはらけんたろうです。

変形性膝関節症によるつら〜い膝の痛み。

何とか痛みなく生活できるようにしたいですよね。

そこでプロの整体師がオススメしているのが、キネシオテープ!

キネシオテープは正しい貼り方をすれば、変形性膝関節症からくる膝の痛みにはかなり効果を発揮します。

このブログ記事では、なぜキネシオテープが効果的なのか。

効果を最大限発揮するために、どのような貼り方をすればいいのか。

痛みでお悩みのあなたのために、詳しくお伝えしていきます。

なぜキネシオテープが膝の痛みに効果的なのか?

変形性膝関節症,キネシオテープ

そもそも、キネシオテープがなぜ効果があるのかご存知ですか?

なんとなく貼ってる方が多いのですが、テープを貼ることで以下のようなメリットがあるのです。

①貼るだけで痛みや凝りが軽減される

キネシオテープは普通の固定する白いテープと違い、伸び縮みする伸縮性のあるテープです。

このテープを少し伸ばして貼ると、貼った後にテープが縮むので、皮膚にゆとりができます。

そのことで体内に隙間ができ、リンパの流れが良くなります。

リンパの流れが良くなると血流も良くなるので、自然治癒力(自分で身体を良くしようとする力)が高まり、痛みや凝りを改善してくれます。

つまり、キネシオテープは貼っておくだけでも十分効果が期待できるのです。

②筋肉のサポートをしてくれる

変形性膝関節症になる患者さんをみていると、みなさん共通して見られるのが「姿勢の歪み」です。

変形性膝関節症などで膝の痛み出ている人の姿勢を一度観察してみてください。

ほとんどの方が、上記の左側の姿勢になっています。

右側の正しい姿勢だと、骨の上に身体が乗るので過度に筋肉を使って身体を支えずに済みます。

しかし、左の姿勢だと、膝を背中も曲がってしまい、筋肉が頑張って身体を支えているのです。

これでは、筋肉が悲鳴をあげて痛みが出るのも無理はないですよね。

「変形性膝関節症は関節が変形しているから膝が痛い」と世間では思われていますが、実は間違いで、姿勢が変わることで筋肉が過度に緊張し、膝の痛みにつながっているのです。

キネシオテープは筋肉とほぼ同じ伸縮性があるようにできています。

テープを筋肉に沿って貼ることで、普段頑張って使っている筋肉のサポートをしてくれます。

そうすると、過度に緊張した筋肉の負担が減り、膝の痛み解消につながるのです。

変形性膝関節症に効果抜群!正しいテープの貼り方

ここまでで、キネシオテープがなぜ効果があるのかをご理解いただけたでしょうか?

では、実際に変形性膝関節症の方がどのようにしてテープを貼ればいいのかを詳しくお伝えしていきます。

①貼るときのポイント

キネシオテープを貼る際、以下のポイントに注意して貼るようにしましょう!

  1. 固定する目的のテープではないので、あまり伸ばして貼りすぎない
  2. 膝関節を曲げながら貼る
  3. 筋肉に沿って貼るようにする
  4. 貼っててかゆくなってきたらすぐ剥がす

②では、実際に貼ってみましょう!

先ほどのポイントに気をつけながら、以下の動画を参考に、一度テープを貼ってみましょう!

キネシオテープはあくまで対処療法。根本から改善したい場合はお近くの整体院へ

キネシオテープは変形性膝関節症による膝の痛みにはかなり効果的です。

しかし、間違ってほしくないのが、テープを貼るだけで良くなることはないということです。

先ほどもお伝えしましたが、膝の痛みが出るのは、変形性膝関節症による骨の変形ではなく、姿勢が悪くなることで筋肉が過剰に頑張って身体を支えていることが原因です。

テープを貼ることで一時的に改善されたとしても、姿勢を変えていかなければ根本から改善されることはありえません。

もし、本気で変形性膝関節症による膝の痛みを改善したいなら、お近くの整体院を受診して自分の姿勢を一度みてもらいましょう!

そうすることで、キネシオテープを貼らなくても膝の痛みがでない身体を手に入れることができますよ。

ABOUT ME
笹原健太郎
笹原健太郎
世の中には間違った膝治療のせいで、改善されず悩んでいる方がまだまだたくさんおられます。 しかし、諦めないでください! 膝痛は正しい治療を行えば、かならず改善されます。 膝の痛みで苦しむ日々から1日でも早く卒業しましょう。
膝痛改善 セルフケアプログラム
日本【膝の痛み】研究所

膝痛治療のスペシャリストがお伝えする、膝痛改善セルフプログラムを無料で視聴できます!

無料メルマガ登録無料LINE@登録