fbpx
【症状から探す】

【箕面膝博士】膝の痛みや腫れは何科に行けばいい?

膝の痛み,腫れ,何科

日本膝の痛み研究所 関西地区

大阪府箕面市 【難治性】膝の痛み・変形性膝関節症専門

姿勢整体院リプレの角山です。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

今回は、膝の痛みや膝に水が溜まるなどの腫れの処置をする場合は何科の病院へかかればいいのかという疑問について考えていきましょう。おそらくほとんどの方が「整形外科でしょ?」と思われるかもしれません。

膝の痛み,腫れ,何科

確かに膝を痛めると、整形外科にかかる方が最も多いのですが、実は整形外科だけではなく、膝の治療ができる科はまだあるんです。その科の特徴とどんな形で膝の治療ができるのかを大まかではありますがご紹介いたしますので、ご自分の膝の状態に応じて使い分けて下さいね。

膝の痛みや腫れの症状によって使い分ける

膝の痛みや腫れと言っても、症状は人それぞれですし度合いも違います。なので具体的にどのような状態の時にどの科の院が最適なのかを私なりに分類してみました。

膝の痛み自体を緩和したい場合

痛みに対する処置は整形外科でなくても、内科などでもできます。整形外科に行くとレントゲンや各検査で「変形がある」や「軟骨がすり減っている」など半ば脅しのようなことを言われることがあります。内科はそこまで怖いことを言う先生はいないので、痛み止めや湿布が欲しいだけなら内科の方がいいと思います。

水が溜まっていることで起こる腫れを引かしたい場合

膝に溜まった水を抜く時はやはり注射針ですることが多いです。この処置は整形外科の先生の方が手馴れています。また、膝に炎症が強く起きて熱感や発赤がある場合は、ステロイドなどの劇薬を使って炎症を抑えることもあります。この処置は整形外科でもいいですし、外科でもいいでしょう。

膝の痛み,腫れ,何科

関節や骨、筋肉の専門は整形外科なのですが、専門性が強いとありもしない病態や経験からの見解で先入観が生まれて症状の本質を見落としてしまうことがありますから、少し違う見方ができる他の科の院に一度行ってみることも必要な時もあります。

膝が冷えることで痛みが起こる場合

いわゆる「冷え性」による膝周辺の痛みやこわばりがある時は、漢方内科がおススメです。漢方は基本的に体を温めることをメインで処方されます。

膝の痛み,腫れ,何科

他の薬はほとんど体を冷やすものになるので、痛み止めを飲み続けていると体温はどんどん下がっていきます。なので、一度体を本来あるべき状態に戻して、再度痛みが出るか確認するという作業もやってみる価値があります。

病院はあくまで膝の痛みの対処療法がメイン

ここまで膝の痛みや腫れといった症状は何科に行けばいいかというお話をさせていただきました。しかし、どの科に行こうがやっていることはあくまで「対処療法」いわゆるその場しのぎの治療に過ぎません。以上に挙げた科での治療に加えて、膝の症状が起こった根本的な原因に対する処置を行っていかないと、一時的に改善がみられたとしてもすぐに膝の症状が再発してしまいます。

箕面の膝博士伝授!膝の痛みの根本改善方法

ほとんどの膝の痛みや腫れなどの症状は、導線が決まっています、詳しくは動画で解説いたします。

ややこしい導線ではありません。いたってシンプルです。

膝の痛みや腫れは膝関節に過度のストレスがかかることで起こる

膝関節の過度のストレスは股関節の動きが悪くなっていることで起こる

股関節の動きが悪くなっているのは普段の歩き方の癖が悪いから起こる

歩き方が悪いのは履いている靴の問題

したがって、膝の痛みを根本から改善するには、各症状に対する処置に加えて、普段履いている靴や靴に入っている中敷きやインソールの見直しが必須になります。

もし、靴の見直し方がわからないという方は、最初の処置として今よく履いている靴の中敷きを取り除いてみて下さい。それだけでも歩き方が股関節に負担がかからないように変わります。

膝の痛み,腫れ,何科

足元の見直しをしつつ、各々の膝の症状に合わせた処置や何科の病院にかかっていただければ膝の痛みが徐々に改善していきます。1つだけの方法にとらわれずにいろんな方法を試して下さいね!

あなたのお悩みが一日でも早く解決できることを心よりお祈り申し上げます。

ABOUT ME
角山雄太
角山雄太
はじめまして。 日本膝の痛み研究所 関西地区の角山(かくやま)です。 世の中のほとんどの膝痛は、少し見方を変えるだけで手術せずに改善するものばかりです。 「自分の体にメスを入れたくない」 そんなあなたを私たちは全力でサポートいたします!
膝痛改善 セルフケアプログラム
日本【膝の痛み】研究所

膝痛治療のスペシャリストがお伝えする、膝痛改善セルフプログラムを無料で視聴できます!

無料メルマガ登録無料LINE@登録