fbpx
【疾患から探す】

シンスプリントの治療期間はどれくらいですか?

シンスプリント,治療期間

こんにちは。膝の痛み研究所千葉支部【北柏のぞみ整体院】のうじはらです。スポーツをしている方で膝の痛みと言えば「シンスプリント」は代表的な疾患です。今回はこのシンスプリントの治療とその治療期間についてお話していきます。

シンスプリント,治療期間

以下の症状で困っていませんか?

・シンスプリントを治療しているがほとんど変わらない。

・痛みを繰り返し発症してしまう。

・治療はアイシングとストレッチ

・安静にしてなさい!とばかり言われる。

・早く治したい!と思っている。

シンスプリントの治療でお困りの方。安心してください。シンスプリントは原因をしっかり把握し適切な治療を行えば長期間の治療をせずに完治することが可能です。

一般的にシンスプリントの治療はどんなもの?

 シンスプリントは脛(すね)の部分の痛みが主訴の疾患です。脛の骨を脛骨といい、脛骨の表面には滑膜という膜があります。そこに、筋肉が付着しています。筋肉がダッシュやジャンプといった動作を繰り返し行うことで伸張を繰り返すことで滑膜へストレスがかかり炎症を起こします。この状態がシンスプリントです。

<主な治療>

・アイシング

・ストレッチ

・筋力トレーニング

・物理療法

・安静

この他にもありますが割愛します。さてこういった治療をいつまでおこなえば

は完治するのでしょうか?おそらく一時的に痛みを和らげることは可能かと思います。しかし、ほとんどの方が再発する傾向にあります。

数カ月単位で治療に通って再発という結果にならないようにあなた自身が治療をしっかり選ぶ必要があります。

シンスプリントの根本の原因を知っていますか?

膝の痛み,サポーター,効果

 ダッシュやジャンプを繰り返すと発症すると言いました。しかし、みんな同じ部活の内容、運動の内容でも発症しない人もいます。そこの違いをしっかり考えましょう。まず、第一に考えるのは姿勢です。

姿勢は筋肉の力を最大限発揮するためにとても必要な要素です。走る姿勢が悪いと余計な力を使っていることになり、身体的ストレスはその分大きくなります。あなたの姿勢を少し変えるだけで脛の部分への負担を減らし疼痛を緩和させることが出来ます。また姿勢が変わると、筋肉も変化していきます。これは長さが短くなったり長くなったりするという意味です。

 以前、野球をされていた方で当院へいらっしゃった方はピッチャーをしていたそうで「スーツを作りに行くと右の手の長さが数センチ長くなっていました」とおっしゃっていました。筋肉はその人の生活スタイルや姿勢によって変化することを覚えておいてください。

膝の痛み研究所での治療とその期間について

当研究所で行う治療はいたってシンプルです。特別ボキボキ動かしたりはもちろん行っていません。全てあなたの体を整えるための補助を行う程度です。しかし、そのためには体の隅々までしっかり把握することが必要です。

これまで多くの患者様を診てきましたので、体に触れるだけで、どこの筋肉に異常があるか、骨盤はどれくらい傾いているかなど判断することは容易です。そしてしっかりと評価を行ってから治療を行っていきます。

 

ABOUT ME
氏原大貴
氏原大貴
初めまして。膝の痛み研究所のうじはらです。私の整体院では多くの膝の痛みを抱える患者様を診察しております。その方々の多くが「間違った膝痛治療」によってなかなか改善せずに悩んでいるのです。膝の痛みの治療といったら「注射」「水抜き」「筋トレ」はもう古いです。 正しい膝痛治療をこちらのページで発信して、世の中の膝痛治療を変えていきます。
膝痛改善 セルフケアプログラム
日本【膝の痛み】研究所

膝痛治療のスペシャリストがお伝えする、膝痛改善セルフプログラムを無料で視聴できます!

無料メルマガ登録無料LINE@登録