fbpx
変形性膝関節症

変形性膝関節症と診断され、車椅子になるのかなと不安なあなたへ

変形性膝関節症,車椅子

こんにちは。膝の痛み研究所大阪支部【リーフ整体院】のささはらけんたろうです。

「先生、変形性膝関節症はドンドン進行して歩けなくなるって聞いたことがあるのですが本当ですか?車椅子にならないようにするには手術するしかないんですね。。」

このような不安な声をお聞きします。

膝の症状が悪化すると日常生活にかなり影響するので、不安になるのも無理はないですよね。

そんな悩みを解決してもらうために、膝治療専門の整体師である私が詳しく解説の方していきます。

変形性膝関節症と診断されたら手術しか道はないのか?

変形性膝関節症,車椅子

変形性膝関節症は膝の関節内の変形なので、手術するしかないのかなと思われがちですよね。

最悪歩けなくなって車椅子になるとか脅されたら、余計に怖くなりますよね。

ただ、まず最初に安心してほしいのですが、変形性膝関節症と診断されても、膝の痛みは改善されますし、いくつになっても元気に自分の足で歩くことは可能です。

問題なのは、感染症や足腰の筋力低下などのリスクを負いながらも本当に手術をしていいのかという点です。

手術をして全員が膝の痛みから解放されるのかというとそうではありません。

もし、手術をしてもよくならないときは、関節内には問題なく、その周囲の筋肉の緊張のせいで痛みが発生している可能性が高いです。

整形外科に行くと骨の変形などはレントゲンに写りますが、筋肉は写らないので、どうしても骨の映像だけで判断されてしまいます。

しかし、原因が筋肉にある場合、膝関節の手術をしても痛みが取れるわけがないですよね。

つまり、変形性膝関節症と診断されても痛みの原因が筋肉の緊張の場合、いくら手術をしても痛みは改善されないのです。

実はこういったケース、すごく多いんですよ。

変形性膝関節症になったら手術しかないのではなく、変形が進行した最終手段として手術を選ぶ必要があるのです。

車椅子にならないようにするためには

では、手術せずに車椅子になることなく歩けるようにするためにはどうしたらいいのか。

結論は、自分の膝の症状を引き起こしている原因を知り、正しい治療やケアを行っていくことです。

もし、変形性膝関節症による膝の痛みではなく、筋肉が原因の場合、やることは関節内に注射を打つのではなく、筋肉の緊張を取ることですよね。

また、世の中にはたくさんの体操やストレッチが出回っていますが、大切なのは自分の膝の症状に合ったものを見つけることです。

原因が筋肉の損傷による炎症なのに、そこに無理な筋トレをしても症状が悪化してしまいますよね。

ドンドンと症状が悪化して車椅子にならないようにするためにも、自分の膝と向き合い、納得のいく治療法を探すようにしましょう。

変形性膝関節症と診断されても自分の足でしっかり歩くための6つの方法

もし、変形性膝関節症と診断されてもこれから先痛みなく歩きたいなら、体のプロである膝専門の整体師に体の状態を確認してもらい、痛みを引き起こしている原因を調べてもらうのが一番早いです。

しかし、なかなか通えない人もおられますよね。

そんな方のために、車椅子にならず一生自分の足で歩いてもらうためにやってほしい6つの方法を今からお伝えしていきます。

どれかひとつでもいいので、ぜひ今日から実践していきましょう!

①水中ウォーキング

水中でのウォーキングは浮力によって体重の負担が減り、膝への負担が軽くなります。そのため、変形性膝関節症と診断された方や、膝の痛みが強く出ている方でも比較的安全に関節の運動を行うことができます。

②痛くない範囲でのストレッチ

痛みを感じない範囲で適度にゆっくりと筋肉を伸ばすことで血流が促進され、硬くなった関節や筋肉の柔軟性を取り戻すことができます。

③歩き方を変える

普通は膝を伸ばして踵から着地する歩き方が良いと言われていますよね。

膝の痛みを抱えている方は、着地の衝撃がもろに膝にかかるため、親指の付け根で歩くのが望ましいと言われています。

歩幅やスピードを気にせず、膝の痛みを感じない程度にゆっくり歩くようにしましょう。

④膝を温める、冷やす

どちらも膝の痛みには効果があります。

お風呂で膝をしっかり温め、その後に冷やすにもオススメです。

温めることで血行が促進され新陳代謝が活発になり痛みが軽減されます。

ただし、膝周りに熱感や腫れがある場合は炎症が起きている可能性があるので、温めず冷やすだけにしましょう。

⑤適切な靴を選ぶ

足のサイズだけでなく、幅のあった靴を選ぶのが大事になってきます。

幅が合っていないと膝関節が無理して左右のバランスを取ろうとするため、膝に必要以上の負担がかかってしまいます。

また、つま先に少し余裕がある靴の方が膝への負担は少なくなります。

⑥しっかりとお肉を食べる

筋肉量が少なければ、膝にかかる負担は大きくなります。

そのため、タンパク質の多いお肉を積極的に摂り、筋肉量を維持することが膝の痛み改善につながります。

太っているからといって食事制限するのはいいですが、タンパク質はしっかりと摂取するようにしましょう。

ABOUT ME
笹原健太郎
笹原健太郎
世の中には間違った膝治療のせいで、改善されず悩んでいる方がまだまだたくさんおられます。 しかし、諦めないでください! 膝痛は正しい治療を行えば、かならず改善されます。 膝の痛みで苦しむ日々から1日でも早く卒業しましょう。
膝痛改善 セルフケアプログラム
日本【膝の痛み】研究所

膝痛治療のスペシャリストがお伝えする、膝痛改善セルフプログラムを無料で視聴できます!

無料メルマガ登録無料LINE@登録