fbpx
【疾患から探す】

箕面の膝博士伝授!膝痛の原因と最速治療方法

膝痛,原因,治療

日本膝の痛み研究所 関西地区

大阪府箕面市【難治性】膝の痛み・変形性膝関節症専門

姿勢整体院リプレの角山です。

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

今回は、膝の痛みで1年以上整形外科や整体院に通っているがなかなか改善がみられなくてお困りのあなたへ、なぜ治療を続けているのに治らないのか?その理由と膝痛の本当の原因をお伝えして、今のあなたの膝の状態から最も早く改善させる方法を見つけ出していただければと思いますので、是非最後までお付き合い下さい。

あなたの膝痛が治療しても治らない理由

あなたは以下のようなお悩みをお持ちではないですか?

  • 整形外科で定期的に膝にヒアルロン注射をしてもらっているがその日は楽だが翌日にはまた痛みが出る。
  • 軟骨のすり減りや変形性膝関節症と診断されたが「これはどうしようもない」と言われて湿布や痛み止めを出されるだけでだましだまし生活をしている。
  • 整体で膝周りのマッサージやストレッチをしているが変化が実感できない。
  • 人工関節の手術をしたがまた痛みが出てきてどんどん手術前より痛みが悪化している。

病院や整体での治療もしているし、人工関節の手術もしたからもう心配ないと思っていたのに、なぜ膝の痛みが取れない?痛みが強くなると歩くことが億劫になって、楽しみにしていたお出かけやスポーツができなくなり、ゆくゆくは認知症や寝たきりになってしまい家族に迷惑をかけてしまう…そんな生活は送りたくないですよね。

膝痛,原因,治療

膝の痛みが改善しないのは、何が悪いとか誰が悪いとかではなく、膝の痛みの原因をわかっていない者同士が行き当たりばったりで治療を進めていることが問題です。

家族や友達、周りの大切な人に迷惑をかけない為に、あなたは膝の痛みを治さなくてはいけないのです。

その第一歩としてまずは、今まであなたがやってきた治療を振り返って何がいけなかったのかを確認することから始めましょう。

治らない理由その1:今までの治療は対処療法に過ぎない

あなたが今までやってきた治療は全て対処療法というものになります。言い方を変えると、その場しのぎの気休め治療ということです。

痛みを取る為の湿布や痛み止めの薬

痛みを取る為のヒアルロン酸

痛みを取る為のマッサージやストレッチ

痛みを取る為の人工関節の手術

全て膝を痛めたという結果に対する処置です。確かにこれらの処置で一時的に膝の痛みは和らぐかもしれませんが、膝を痛めた大元の原因に対しての処置は何もしていないので、すぐにまた元の膝の痛みに戻ります。

治らない理由その2:膝を痛めた大元の原因を知らない

最も大事なのがこの2つ目です。これは患者さん側もそうですが、わかっておかなくてはいけない治す側がわかっていないということが一番深刻な問題です。治す側が分からないのに患者さんが分かる訳がありません。

とりあえず痛み止めを出しておきます

とりあえず膝に溜まった水を抜いておきましょう

とりあえずヒアルロン酸注射をしましょう

とりあえず人工関節を入れましょう

とりあえず運動しましょう

とりあえず筋肉をほぐしましょう

これ以上こんな無意味なことをするのはもうやめませんか?

さきほども申し上げたように、治す側も患者さんもわからないまま適当に治療を進めてきたことが、今のあなたの膝の状態を作り上げています。

膝痛,原因,治療

実は膝痛の原因はこれではないんです

膝痛の原因としてよく言われる以下の項目ですが、実は、すべて間違いです。これらは膝の痛みとは関係ありません。もし、以下のどれかが原因で膝を痛めたといわれたあなたは、それは全く関係ありませんのご安心ください。

間違った原因その1:体重増加や肥満によるもの

これは論より証拠で、実際に体重が100㎏を超えているのに変形性膝関節症による膝の痛みを解消された患者様がおられますので、その方との対談をご覧下さい。

体重が重いせいで膝の痛みが出るならば、世の中の体重が重い人はみんな膝を痛めているということになりませんか?そもそも膝を痛める体重って何㎏ですか?こういった基準が曖昧なものは原因として考えにくいです。

間違った原因その2:加齢や筋力低下によるもの

これも考え方は同じで、加齢が原因ならば、世の中の高齢者はみんな膝を痛めているということなりますし、運動不足による筋力低下が原因ならば、運動していない人はみんな膝を痛めているということになります。

しかし、実際は違いますよね。人間は筋トレや運動をしなくても日常生活を送れるだけの筋力は常に蓄えていますから、筋力が全盛期の半分以下になっても筋力低下が原因で動けなくなることはありません。

間違った原因その3:軟骨のすり減りや変形によるもの

これも論より証拠で、病院で軟骨のすり減りや変形性膝関節症があると診断されたが、手術せずに膝の痛みが改善された患者様との対談をご覧下さい。

変形があろうと軟骨のすり減りがあろうと、膝がそうなってしまった大元の原因をしっかりと把握して治療を行っていけば、ちゃんと痛みはなくなり以前と変わらない生活を送ることができます。

あなたもこの方たちのように必ずなれます。大事なことは、

あなた自身が今後どうなりたいか?

だけです。

膝痛の本当の原因とは?

実は、膝を痛めた原因さえわかってしまえば、病院や整体などの専門の医療機関に行かなくても自分でも治せてしまうことさえあるんです。それくらい痛みが起こった大元の原因を把握することはとても大事です。私が今まで見させていただいた膝痛の患者様はほとんどの方はこれが原因でした。

膝に水が溜まるのも、軟骨のすり減りが起こるのも、変形性膝関節症や半月板損傷などの疾患が起こるのも、交通事故やスポーツ障害などの外傷性を除いて、すべてこの流れで起こっています。

膝痛の原因その1:股関節と太ももの前側と外側の筋緊張

膝に痛みが出るということは、膝関節に何かしらの負担がかかっているということですよね。その負担というのが、股関節の動きが悪くなることで、股関節の動きを膝で代償しているというものです。要は、股関節の動きを膝でかばっているという状態です。

膝痛,原因,治療

膝は股関節よりも可動域が狭い関節ですので、股関節と同じ動きをしようとすると極端に筋疲労が起こります。特に、お尻から太ももの前側と外側の筋肉に過度のストレスがかかります。この筋疲労が蓄積されて痛みとなって現れるのです。そして、この疲労状態が続くと膝関節に歪みや捻じれがかかるようになり、軟骨のすり減りや変形性膝関節症へと発展していきます。

膝痛の原因その2:普段の歩き方や履いている靴の構造

そして、なぜ股関節の動きが悪くなるかというと、日常生活での癖、特に歩き方の癖です。膝を痛めている人のほぼ全員が、足の外側に体重が乗っている状態で歩いています。本来人間が行う「歩行」というのは、土踏まずから脚部の内側と内ももの筋肉を使って重心を体の真ん中からズレないようにするのが基本です。外側に体重が乗ってしまうと体は左右に大きく揺れてその揺れを止めようと股関節のお尻の筋肉や太ももの前側と外側の筋肉が緊張を起こします。これがその1でお伝えした膝へのストレスにつながっていきます。

膝痛,原因,治療

本来するべきではない外側に体重を乗せた歩き方になってしまう要因としては、普段履いている靴や中敷きに問題があります。世に中に出回っているほとんどの靴や中敷きは土踏まずが持ち上がり、土踏まずにフィットするような構造になっています。ほとんどの方は実感がないと思いますが、この構造が体重を外側へ促してしまっています。要は、靴や中敷きによって土踏まずを返されている状態ということです。

箕面の膝博士伝授!膝痛の最速治療方法

全国の膝痛専門家でさえも気づいていることが少ない膝の痛みの本当の原因をわかっていただけましたでしょうか?ここからは、以上の内容を踏まえて膝の痛みを根本的に改善していく方法をお伝えしていきますね。

治療方法その1:股関節に対するアプローチ

何と言ってもまずは痛みに直接関与している部分の処置をして痛みを緩和していかなくてはいけません。太ももから股関節周りの筋肉のマッサージやストレッチなどのアプローチで筋緊張によって溜まった疲労をしっかりと除去していきましょう。最寄りの整体やマッサージサロンへ通ってもいいですし、股関節のストレッチの動画は調べればいくらでも出てきますので、ご自分でケアしてみてもいいでしょう。私が推奨するのはこのストレッチ方法です。

治療方法その2:正しい歩き方を身につける

筋疲労が除去できる術を身につけたのなら、次は再度筋疲労が起こらないように普段の歩き方を修正していく必要があります。ここを修正しないとまた疲労が溜まって痛みが出てきます。細かくお伝えするとうまくできない方が多いので、まずはこの3つだけを意識して歩いて下さい。

1、踵から地面に着地させるのではなく、足先から地面に着地させて歩く

2、下を向かずに、顔を上げて胸を張って歩く

3、足を前に出すのではなく、後ろに蹴るように歩く

難しいことは考えずにこの3つを意識して歩いて下さい。最初は不慣れな違和感から疲れや痛みが出ることがありますが、徐々に慣れてくれば歩く時に変な力が入らなくなり、歩くことが苦じゃなくなります。その感覚が出てくればご自分で痛みが出ない動きがわかってきます。そうなれば多少無理してももう膝を痛めることはありません。

治療方法その3:普段履いている靴の見直し

歩き方をどれだけ完璧にマスターしたとしても、その時に履いている靴が土踏まずが持ち上がった構造のものであれば、何の意味もありませんので、靴や中敷きの見直しもしっかりと行う必要があります。これも難しく考えずにこの2つのことをして下さい。

1、靴に入っている中敷きを取り除く

2、靴ひもはきつく締めない

まずはここから始めましょう。これだけでも歩き方はうまくなりますし、これだけではなかなか歩き方がマスターできない方は、靴の買い替えをおすすめします。選ぶ時にポイントは、

1、靴底はフラットなもの

2、中敷きが取り除けるのも

3、幅が広いもの

4、つま先が極力上がっていないもの

完璧に条件を満たしている靴は残念ながら存在しないので、条件に最も近いものを選ぶようにして下さい。ちなみに私が普段履いている靴はこんな感じです。

膝痛,原因,治療 膝痛,原因,治療

いたってシンプルな構造が足の動きを邪魔しません。要は、「素足感覚」で歩ける靴がベストというわけです。ちなみに夏場など裸足で外出するときは、ビーチサンダルや草履や下駄などの花緒がある履物がおススメです。花緒があると足指がしっかりと動き、足の運動をより活性化させて歩き方が上達しやすくなります。

膝痛が改善したあなたを待っている生活は…

頑張って膝の治療に励んでくれたあなたにはこのような毎日が待っています。

1、痛みを気にせずにお出かけや旅行に行ける

2、今まで辞めていたスポーツやハイキングがまた再開できる

膝痛,原因,治療

3、仕事や家事がスイスイこなせる

膝痛,原因,治療

4、介護の心配がなくなり家族みんなが幸せになれる

膝痛,原因,治療

あなたの充実した生活を作るのはあなた自身です

是非このような素晴らしい生活を手に入れましょう!そして、そんな生活を手に入れられるかどうかは、あなたがそんな生活を望むか望まないかで決まります。あなたの膝を治す方法は今回のブログで包み隠さずすべてお伝えしました。後はあなたがこれを実践するかしないかだけです。本当にあなたが理想とする生活を手に入れたいのなら、最初は少し手こずるかもしれませんが、手に入れた瞬間の充実感は何物にも変えられない感動があります。ご自分が今後どうなりたいのか?ということをしっかりと設定して、その目標に向かって全力で走り抜けていく。そんなあなたを私たちは全力でサポートいたします。

膝痛,原因,治療

あなたは一人ではありません。

一緒に膝の痛みによる苦しみから抜け出しましょう!

ABOUT ME
角山雄太
角山雄太
はじめまして。 日本膝の痛み研究所 関西地区の角山(かくやま)です。 世の中のほとんどの膝痛は、少し見方を変えるだけで手術せずに改善するものばかりです。 「自分の体にメスを入れたくない」 そんなあなたを私たちは全力でサポートいたします!
膝痛改善 セルフケアプログラム
日本【膝の痛み】研究所

膝痛治療のスペシャリストがお伝えする、膝痛改善セルフプログラムを無料で視聴できます!

無料メルマガ登録無料LINE@登録