fbpx
お皿が痛い

「膝の痛みで正座ができない!」とお困りのあなたへ

膝,痛み,正座ができない

日本膝の痛み研究所 関西地区

大阪府箕面市 【難治性】の痛み・変形性膝関節症専門

姿勢整体院リプレの角山です。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

このようなお悩みはありませんか?

・膝が痛くて正座が出来ない

・正座ができないのでお出かけ先でお座敷に座る時に困る

・お茶やお花の習い事をしているので正座ができないとお稽古に参加できない

正座をする場面がなくなってきたと言っても、いざ正座をしなくてはいけない状況になった時に困りますよね。今回はそんないざという時に正座ができるように普段からできるリハビリ方法をご紹介したいと思います。

正座ができないのは膝だけの問題ではない

まずは、なぜ正座で膝が痛くなるのかを理解しておきましょう。実は正座で膝が痛くなる理由は膝だけの問題ではないことがほとんどなのです。膝以外で大きく2つの要因があります。

正座で膝の痛みが出る理由①:足首の関節の硬さ

足首の特に足の甲側の柔軟性が悪いと正座の時に足首が伸びずに膝周辺の筋肉に必要以上に緊張が起こり痛みを感じやすくなります。足首と膝は連動しているので足首の硬さが膝の動きを邪魔している状態になっているということです。

正座で膝の痛みが出る理由②:怖さによる太ももの過緊張

「正座をすると膝が痛い」という認識を持った状態で正座やしゃがみ動作をすると膝に痛みを感じたくないあまりに恐怖心で太ももの筋肉に過度に力を入れてかばいながら膝を曲げようとするのでかえって膝の動起きが悪くなり、筋緊張による痛みが起こりやすくなります。

「正座のリハビリ」を行って膝の痛みを改善する

正座ができるようになるポイントは2つで、

1、正座に対する恐怖心や抵抗をなくす

2、膝以外で動きが悪くなっている関節や筋肉にアプローチする

というものです。この2つを同時に対処していく方法をご紹介しますね。

正座のリハビリ方法①:お風呂や温水プールで正座する

普段正座ができないけどお風呂の中だったらできるということはありませんか?それはお風呂で暖められた筋肉が柔軟性が高くなり関節の可動域が広がったことでできる現象です。さらに水中だと浮力があるので地上よりも体重がかかりにくいために負荷が少なくなります。筋肉の柔軟性は温もると高くなるのでできれば温水の中で行って下さい。

正座のリハビリ方法②:正座を利用したストレッチ方法

これは、私の院で正座ができなくてお困りの患者様へご指導させていただいているストレッチ方法です。よかったら是非試してみて下さい。

膝の痛みを改善して以前のような充実した毎日を!

正座ができる、しゃがみ動作ができる、歩ける。

普段できる人は何とも思わないかもしれませんが、当たり前にできていたことができなくなると急に怖さを覚えます。こういうちょっとした当たり前ができないことでその後に人生が大きく変わってしまった人も多くいます。

正座という姿勢もできる人は何とも思わないかもしれません。しかし、これができない状態からできるようになるだけで、その後の人生が今まで以上に充実したものになる人もいます。

これから一生涯、自分の足で歩けたり動けることのありがたさをしっかりとかみしめて、今できることをやっていきましょう!

あなたのお悩みが一日でも早く解決できることを心よりお祈り申し上げます。

ABOUT ME
角山雄太
角山雄太
はじめまして。 日本膝の痛み研究所 関西地区の角山(かくやま)です。 世の中のほとんどの膝痛は、少し見方を変えるだけで手術せずに改善するものばかりです。 「自分の体にメスを入れたくない」 そんなあなたを私たちは全力でサポートいたします!
膝痛改善 セルフケアプログラム
日本【膝の痛み】研究所

膝痛治療のスペシャリストがお伝えする、膝痛改善セルフプログラムを無料で視聴できます!

無料メルマガ登録無料LINE@登録