fbpx
オスグッドシュラッター病

子供のオスグッド病をどうにかしたいあなたへ

こんにちは。膝の痛み研究所千葉支部【北柏のぞみ整体院】のうじはらです。 

こんなオスグットの症状にお悩みではございませんか?

・運動をすると痛い

・ジャンプをすると痛い

・階段の上り下りが痛い

・正座をすると痛い

・病院で成長痛と言われ安静にしている

オスグッド病でお困りの方、安静をしているだけが治療ではありません。根本へアプローチすればオスグッド病は完治する病気です。ぜひ続けてお読みください!

一般的に行われているオスグッド病の対処や施術は?

一般的なのは運動をしない(安静)・ストレッチやもみほぐし、アイシングが主流です。特に安静というのは必ず言われるんじゃないかというくらいみなさん言われます。安静にしているだけでは、その時はいいですが、また運動を再開して同じところに負荷がかかれば再発してしまいます。しっかりと原因を対処することが必要です。

子供に多いオスグットの原因

急激に成長する時期に膝へ過度に負担がかかったことが原因に挙げられます。小学生から高校生ぐらいまでは1年で10センチ以上背が伸びる子供がいるなど、急激に体が成長する時期です。クラブ活動や学校外でサッカーや野球など激しく練習をしていることかと思います。急激に筋肉や骨などが成長している、いわば不安定な身体でもあります。

その時期に筋肉や関節にかなりハードに負荷がかかっているために骨に付着する部位である筋肉の一番端にある腱の部分に炎症が起こっているのです。もっといえば、負担がかかりやすい体になっているという事です。軽度の方であれば、運動を少しお休みすることで再度運動を再開しても痛みが出ない方もいらっしゃいますが、痛みの強い方はしっかりと治してから運動をするとことおすすめいたします。

当院の施術でオスグッド病が改善する理由

当院では根本へのアプローチをモットーに施術を行っています。まず、炎症が起こった仕組みを元に戻す必要があります。そして、良くするためには運動をお休みする必要があります。だましだまし使っていると古傷となってすぐにけがをする原因となってしますからです。ただ安静にしているだけでは治りません。しかし、体を休めている間に、体のバランスを整えてあげるという事が大事です。

そもそも、休みが少ない部活動なんかでは、疲労を回復する時間がありません。そのために筋肉や関節は少し無理をして動いています。その中でもひざの関節は特に大きく動くためにひざ下の腱に炎症が起こります。この仕組みを理解することでうまく動けない関節、疲労して硬くなっている筋肉、張り付いている皮膚、これらを正常に動けるようにすることで負担をなくします。そして、しっかりと痛みをなくすことで今まで通り運動が出来るようになります。 

主に、骨盤や股関節から下の関節を整える

 特に重要な要素として骨盤と股関節・膝関節の状態があげられます。これらの関節や骨を元の綺麗な状態に整えてあげることが大切であり、完治するうえで必要な治療になります。元々、猫背の人や鳩胸の人などは体幹の調整も必要です。オスグッド病にも効果的ですが、その他の整形疾患にも重要な要素です。そして、姿勢を整えることで最も良いことは、痛みの再発を防げるという点です。一度治っても痛みを繰り返すようでは完治と言えません。当院では完治することを一番に治療を行っていきます。

まとめ

・オスグッド病は安静にしていたり、シップや痛み止めを飲むだけでは治りません。対処療法ではなく根本治療が必要です

・オスグッド病の根本原因は太もも、膝周りの組織に由来する(筋肉や靭帯、皮膚など)

・オスグッド病を放置(安静も含む)、間違った治療を続けると痛みが長期化しやすく、姿勢にも悪影響である

子供がオスグッド病で困っている方はぜひ当院へお越しください。

ABOUT ME
氏原大貴
氏原大貴
初めまして。膝の痛み研究所のうじはらです。私の整体院では多くの膝の痛みを抱える患者様を診察しております。その方々の多くが「間違った膝痛治療」によってなかなか改善せずに悩んでいるのです。膝の痛みの治療といったら「注射」「水抜き」「筋トレ」はもう古いです。 正しい膝痛治療をこちらのページで発信して、世の中の膝痛治療を変えていきます。
膝痛改善 セルフケアプログラム
日本【膝の痛み】研究所

膝痛治療のスペシャリストがお伝えする、膝痛改善セルフプログラムを無料で視聴できます!

無料メルマガ登録無料LINE@登録