fbpx
変形性膝関節症

変形性膝関節症とリウマチの関係とは?

変形性膝関節症,リウマチ

こんにちは。膝の痛み研究所大阪支部【リーフ整体院】のささはらけんたろうです。

中高年以降に感じる膝の痛みで一番に出てくるのが、変形性膝関節症だと思います。

ただ、中に稀にリウマチによって膝の痛みを感じている方がおられます。

昔はリウマチと聞くと不治の病のように思われていましたが、最近は効果のある薬が出てきたおかげで、ひどい変形がおこるまで進行することはなくなってきました。

ただ、中には変形性膝関節症とリウマチが同時に併発しているケースもあります。

ただ、このような話をすると、

「変形性膝関節症とリウマチは薬以外で治療できるんですか?」

このような質問を受けることがあります。

そこで、このブログ記事では、変形性膝関節症とリウマチの関係と、薬以外の治療法があるのかについてお伝えしていきます。

リウマチと変形性膝関節症の関係

変形性膝関節症,リウマチ

まず、リウマチとはどのような病気かご存知ですか?

リウマチは異物が体内に入ってきた時に働く免疫の異常による病気です。

免疫とは、体内に入ってきたウイルスや細菌を排除してくれる細胞です。

通常は体を守ってくれるはずの免疫機能が、ある時、自分の体を異物と認識してしまい関節を攻撃してします。

攻撃された関節に炎症が起こり痛みがでるのがリウマチです。

免疫機能の異常であるリウマチを治療で改善することは正直不可能です。

ただ、リウマチによる関節の痛みなどの症状をある程度抑えることならできます。

変形性膝関節症などでもそうですが、膝に激痛がある時というのは、患部に炎症が起こっています。

細胞が損傷されて炎症がおこる時に、発痛物質が血液中に発生します。

これが痛みの原因です。

この血中の中に発生する発痛物質は血流を良くすることで痛みは早く軽減されるのです。

ただ、よくある慰安的なマッサージは、リウマチや変形性膝関節症などで起こる炎症反応を悪化させる可能性があります。

炎症反応があると、刺激に対してかなり過敏に感じるようになります。

また、身体の防衛反応が起こるので、強い刺激があると筋肉が緊張を起こします。

つまり、変形性膝関節症やリウマチの強い症状が出ている時に、マッサージなどの強い刺激を与えると、効果がない上に逆に症状が悪化してしまう可能性があるのです。

あと、変形性膝関節症とリウマチは、関節内の変形や軟骨のすり減りがあったとしてと、関節外の筋肉の緊張が痛みにはかなり関わっています。

強い刺激ではなく、膝周辺の筋肉を緩める軽い刺激の治療や温めるなどで血流を改善することができれば、筋肉の緊張や炎症は軽減し、痛みの症状を軽減することができます。

リウマチもリウマチ自体を改善することはできませんが、炎症反応や関連して起こる筋肉の緊張などを改善することで痛みを抑えることができます。

リウマチは薬で進行を遅らせることができる

2つの疾患の関係性についてお伝えしてきましたか、いかがでしょうか?

リウマチや変形性膝関節症を治すことはできませんが、痛みなどの症状はある程度抑えることができます。

ただ、変形性膝関節症は軟骨を再生したりなどは今の医学では不可能ですが、リウマチに関しては良い薬ができてきたので、ひと昔前のひどい変形などまでいたる人は少なくなってきました。

特に近年広まってきている「生物製剤」と呼ばれている薬はリウマチにかなりの効果が出ています。

当院にリウマチの患者さんが一人おられるんですが、治療によってある程度の痛みは改善することができました。

来院した頃は関節痛で歩くのも困難でしたが、日常生活を普通に過ごせるまでに痛みは回復しました。

ただ、どうしても完治することはできず、メンテナンスで通いながら現状を維持する日が続きました。

そこで、患者さんがある病院をリウマチを見てもらっている先生に紹介され、生物製剤を服用するようになりました。

すると、服用して数週間で痛みがほぼ消失し、現在も服用していますが強い痛みの症状が出ることはなくなりました。

ここまで効果があるのかとかなり驚きでした。

強い副作用もないのですが、炎症反応が薬によってかなり抑えられるので、風邪を引いても症状があまりでないようです。

これだけ聞くと良いように思いますが、高齢の人だと風邪に気づかず肺炎にかかる可能性があるので注意が必要みたいです。

近年、リウマチの薬の効果はかなり高くなっているので、関節が変形したりと心配な方にとっては嬉しいことですよね。

ただ、生物製剤の薬は保険がきいても値段が高く、数万円はします。

しかも一回服用ではなく長期間に渡って服用する薬なので、金銭的には苦しいかもしれません。

かなり効果の高い薬ではありますが、値段がもう少し下がってこないと、普及するのはなかなか難しいのかもしれません。

後半はリウマチの薬の話になってしまいましたが、案外知らない方も多いと思うので、変形性膝関節症とリウマチが併発している方で興味のある人は、かかりつけの先生に一度相談してみてください。

もちろん、変形性膝関節症やリウマチの症状を少しでも改善したいかたは、整体院の先生を頼って治療を受けてくださいね!

ABOUT ME
笹原健太郎
笹原健太郎
世の中には間違った膝治療のせいで、改善されず悩んでいる方がまだまだたくさんおられます。 しかし、諦めないでください! 膝痛は正しい治療を行えば、かならず改善されます。 膝の痛みで苦しむ日々から1日でも早く卒業しましょう。
膝痛改善 セルフケアプログラム
日本【膝の痛み】研究所

膝痛治療のスペシャリストがお伝えする、膝痛改善セルフプログラムを無料で視聴できます!

無料メルマガ登録無料LINE@登録